ヨガインストラクターの副業|YouTubeで知名度を高めよう

ヨガインストラクターの副業|YouTubeで知名度を高めよう

この記事では、以下のポイントをまとめています。

  • ヨガインストラクターがYouTubeをはじめる理由
  • YouTubeを軸に成功しているヨガインストラクターの事例
  • YouTubeをはじめる前に考えるべきこと

最後まで読むと、YouTubeという非常識な「ヨガの副業」をはじめる理由がわかります。

 

この記事を書いた人
ビビアン:長野県在住のカナダ人。カナダ政府の仕事で来日⇒大手企業を経て⇒現在は動画クリエイター。「自由な人生を探求しながら」クリエイターの視点で夢を抱く人々を応援する情報を発信中。

ヨガインストラクターのYouTube活用法

yoga-instructor-work

現在、ヨガインストラクターの副業で主にあるのは以下の2つです。

  • スタジオにインストラクターとして雇われる。
  • もしくは、オンラインプラットフォーム(ストアカ)で教える。

 

今はスタジオの利用(オフライン)が減ってきたので、ヨガ教室のオンライン化が進んでいます。

 

PRTimesの調査によると、

コロナをきっかけに、オンラインヨガを始めた人が約6割です。

その中には、運動不足や対面教室の閉鎖やダイエットといった理由が最も多いです。

 

実は、私もコロナでオンラインヨガをはじめました。

最初はなかなか慣れなかったけど、数回受講したら慣れました。

オンラインのヨガレッスンは安いので、積極的にオンラインヨガをはじめている人も少なくありません。

 

ヨガレッスンのプラットフォームとしては、ストアカやSOELUが有名です。

月5千円で受講できます。

でも、さらに安いのはYouTubeです。

 

YouTubeは無料で受講できます。

 

ビビアン
ビビアン
オンラインになってからヨガレッスンの費用もかなり安くなってきましたね!前は通い放題で一万円のプランを使っていました…

 

初心者にとって先生の指導は大切ですが、

慣れてしまうと練習のみで十分です。

 

オンラインのヨガレッスンに通う人は、ヨガの中級者。

無料のYouTube動画でもきちんと練習できます。

 

YouTubeは視聴者にとっては無料のプラットフォームであり、

YouTuberにとっては収益ができる方法です。

 

一回チャンネルを収益できるまで育てれば、不労所得の広告収入とメンバーシップ(オンラインサロン)で、毎月お金が入ってきます。

 

次のセクションでは詳しくヨガインストラクターがYouTubeを開設するベネフィットを紹介しますね。

ヨガインストラクターがYouTubeをするベネフィット?

yoga-instructor-youtube-benefits

  • 個人ブランドの確立
  • 知名度を高める
  • 不労所得を得る
  • 好きな時に好きなようにレッスンできる

これはヨガインストラクターがYouTubeをはじめる際の主なベネフィットです。

 

しかし、YouTubeチャンネルを始めてすぐは収益化できません。

最初は、他のインストラクターと差別化するためにYouTubeをするくらいに考えた方が、継続しやすい

個人ブラインドの確立

ヨガインストラクターの競争率はかなり高いです。

スタジオの求人が減ってきた今では、個人で稼ぐのが主流になってきていますね。

 

でも。

「どのように集客すればいいか、わからない」

そう思っているインストラクターも多いのではないでしょうか?

悩む悩む
悩む悩む
無料レッスンや格安レッスンを提供するのが、本当にいい方法でしょうか?

努力が実らない場合も、多いですよね。

 

しかし、

YouTubeチャンネルを持つことで、潜在顧客に自分のスタイルをアピールして知ってもらうことができます。

 

知名度を高める

知名度の高いヨガインストラクターは集客しなくても生徒が来ます。

副業でヨガをはじめたばかりの時は頑張って集客しますが、知名度が出てきたら生徒から依頼されるようになります。

もちろん、有名なヨガブランドとコラボすることも可能です!

不労所得を得る

YouTubeで収益できるようになると、不労所得が毎月入ります。

最初は数千円~数万円かもしれませんが、
良いコンテンツをこつこつ積み重ねていけば月十万も期待できます。

最近、広告収入以外の収益方法も増えてきました。

続けていけば、いつかは本業の収入を超えていくでしょう。

 

好きな時に好きなようにレッスンできる

YouTubeはコンテンツビジネスです。

一つ一つの動画で総収益を狙うビジネスモデル。

なので、自分のスケジュールを大切にしながら、好きな時間に好きなようにヨガレッスンを撮影していけます。

 

小さな積み重ねではありますが、好きな時に好きなことができる。

自分のペースで生活するのはウェルビーイングにつながりますね^^

 

では、ヨガ系のYouTubeで成功しているチャンネルを6つ、詳しく見ていきましょう。

ヨガインストラクターYouTuber:国内の例

B-life

チャンネルの特徴

大自然を見ながらヨガレッスンをする。

視聴者にとって、動画を見ながら気持ちよくヨガをするのは最も大切なことです。

このチャンネルは視聴者の心理を理解し、美しい映像をたくさん提供しています。

 

日本最大のヨガレッスン動画サイトYogalog

チャンネルの特徴

ワンポイント改善動画からレッスン動画まで、様々なインストラクターが登場します。

このチャンネルは自社サービスを売っているので、ヨガインストラクターの方向性とは少し違うかもしれません。

ですが、YouTubeとブログをうまく使いこなしているところは参考になります。

 

KAORI ヨガ – 初心者向けレッスン –

チャンネルの特徴

リアルのオンラインヨガレッスン感覚。

このチャンネルはヨガレッスンをそのまま配信しています。

本格的にポーズを練習したい視聴者がターゲットです。

 

ヨガインストラクターYouTuber:国外の例

Yoga With Adriene

チャンネルの特徴

かわいいワンちゃんが登場する、アットホーム系のヨガ。

 

このチャンネルは私も視聴しています。

アットホーム感を完璧に演出しているので、温かい気持ちになります。

Yoga with Kassandra

このチャンネルの特徴

リラックス系のヨガと落ち着くバックグランド音楽。

 

私の大好きなチャンネルです。

ちょっとしたヨガをしたい時に、すぐできます。

音楽のセレクトからしゃべり方まで、癒しのエネルギーが入っているので、効果抜群です。

 

Boho Beautiful Yoga

チャンネルの特徴

ヨガライフスタイルをブランディングにしているチャンネル。

ヨガレッスンはもちろん、ヨガを取り入れたアクティブなライフスタイルをテーマにしています。

 

撮影もかなりプロ級で、ドローンを使ってリゾート地を回ったりするシーンもあります。

特におしゃれと自由を好む若い世代にアピールしていますね。

 

ヨガ系YouTubeをはじめる前に考えること

yoga-instructor-yoga-preparation

以上は国内と国外の例です。

日本国内のヨガ動画に多いのは、おうちで撮影している本格的なヨガレッスンです。

そして海外のヨガ系動画に多いのは、雰囲気をアピールするレッスン動画

 

私は北米と日本のヨガスタジオでヨガをしてきました。

文化の面で気づいたことは、まさに動画のスタイルに反映されています。

 

日本のヨガレッスンは真面目な印象で、難しいポーズも頑張って練習するようなスタイルです。

一方、海外のヨガレッスンはしゃべり方からスタジオの雰囲気を工夫しています。

難しいポーズはできなくても構いません。

 

日本の教え方は、ヨガのポーズが早く身に着くしきれいです。

でも、ヨガをストレッチとしてする人にとっては、海外の教え方のほうが合うでしょう。

 

考え方の違いは動画の中に現れています。

 

どんなインストラクターなのかは、動画を視聴すればすぐにわかります。

コンテンツから動画のスタイルまでがトータルで、あなたというブランドを視聴者に伝えていることになります。

 

そのため、ヨガ系YouTubeをはじめる前に特に考えるべきなのは以下の二つ:

「私はどんなスタイルのヨガを伝えたいのか?」

「私の伝えたいメッセージは何なのか?」

 

自分の軸がしっかりしたYouTube動画は視聴者の心をつかみます。

そして、そのようなチャンネルは愛されています。

 

【まとめ】YouTubeという情報発信の活用

この記事はヨガインストラクターの副業をテーマに、YouTubeの活用方法を提案しました。

 

いかがでしたか?

YouTube動画でレッスンを教えていくことに少しでも興味を持っていただけましたか?

 

動画を作るというのは一見、撮影や編集など工夫することが多く、ノウハウ部分のほうが目立つかもしれません。

でも、良いコンテンツを作るためには、見えない部分こそ大切です。

 

YouTubeは情報発信として優れたプラットフォームです。

このプラットフォームを活用して「好き」を配信することで、理想のライフスタイルが手に入ります^^

 

ビビアン
ビビアン
応援しています!