拡張現実(AR)とは?AR活用の近年の動き【AR初心者向け】

拡張現実(AR)とは?AR活用の近年の動き【AR初心者向け】

 


AR (Augumented Reality、拡張現実)、VR (Virtual Reality、仮想現実)、MR(Mixed Reality、複合現実)など、近年注目されているハイテク産業のキーワードは様々な産業に変化をもたらそうとしています。そして、その影響は我々の生活にも反映し始めています。

Advertisement
第三次産業で見られたサービス業の進化はどのように第四次産業ーハイテクの時代と融合していくでしょうか?本記事では、ARとは何か?から、すでにわれわれの生活に影響し始めているところをカテゴリー(小売業から医療業界まで)ごとに簡単に説明していきます。

 ARとは?拡張現実、仮想現実、複合現実の違い

拡張現実(AR)は、スマートフォンのカメラを使用して、現実にデジタル要素を追加することがよくあります。 拡張現実体験の例には、SNOWレンズやゲームPokemonGoが含まれます。

バーチャルリアリティ(VR)は、物理的な世界を遮断する完全な没入体験を意味します。 HTC Vive、Oculus Rift、Google CardboardなどのVRデバイスを使用すると、ユーザーは、海底やドラゴンの背中など、現実の環境や想像上の環境に移動できます。

ARとVRの両方の要素を組み合わせた複合現実(MR)では、実世界とデジタルオブジェクトが相互作用します。 複合現実技術は、MicrosoftのHoloLensで最も注目に値する初期の複合現実装置の1つで始まったばかりです。

ARショッピングー小売業への影響

まだまだ始まったばかりですが、2020年のパンデミックを乗り越える方法として、多くの大手会社に注目されています。(小売業においてARビジネスの活用事例)

ARを使用すると、家を離れることなく、時計、シャツ、新しい色合いのメイクを試すことができます。しかし、現在のARショッピングの主な使用例は家具です。いくつかの主要な研究によると、家具は人々がARで買い物をしたい一番の物です。なぜかというとAR技術を使えば、単価の高い家具はどのように家に馴染むかがわかります。それは想像よりはるかに選びやすいはずです。

例えば、10万円のソファがあります。リビングルームにぴったり収まるか、カーテンに合うかわからない場合があります。そこで、AR技術を使えば、家の中で家具のデジタルバージョンを簡単に統合することが可能です。2D画像とは異なり、ARは3D空間を最大限に活用します。実生活の正確なサイズと寸法で家具を見ることができます。 IKEAやHouzzなどの大手家具小売業者はすでにこのようなアプリを開発しています。アプリから、直接購入の選択もあるので、業者にとっては素晴らしいマーケティングツールともなっています。

小売業に関する情報を詳しく知りたければ、小売業においてARビジネスの活用事例を参考に見てください。

 AR活用とソーシャルメディア

Snapchat photo
Snapchatの画像

AR技術をもっとも最初に取り入れたソーシャルメディアはSnapchat、Snowの外国版です。これがARを完全に採用した最初のメディアプラットフォームで、Snowはそれを真似して開発されたプラットフォームです。今は日本での人気が高すぎて、女子なら誰しもSnowで自撮りを撮っているぐらいです。

また、Zoomを使っている方なら、Snapカメラをご存じでしょうか?背景を自由に変えられることで、多くのZoom使用者に使われています。その元になるのはSnapchatです。時代は進化し、人々は単なるカメラ機能ではなく、面白い画像や綺麗に移すような、人間の本能を刺激する機能を欲しがるようになりました。

それをいち早く開発した人は、大きなソーシャルメディアプラットフォームを作ることになります。もちろん、FacebookやGoogleなども、進化のペースを衰えています。

Facebookはまた、独自のARカメラ固定プラットフォームで先駆者となり、 Googleは、ARステッカーを介してソーシャルARのコンテンツを作成するための直感的なプラットフォームの開発に取り組んでいます。ステッカーを使用すると、ユーザーはソーシャルメディアで使用するアニメーションおよびインタラクティブな3Dオブジェクトを挿入できます。

AR活用と教育業界

複雑な主題を視覚に表示するのは、ARの最大の機能の1つです。学生は、目の前で視覚化された空間コンテンツに取り組むことができます。そのために、Googleは教育用のARアプリケーションを立ち上げました。 

Expeditions ARは、教師がシンプルで魅力的なARビジュアルで、生徒に情報を表示できるように設計された教育体験です。たとえば、学生はDNAの鎖を探索したり、ダビデ像を調べたり、カテゴリ5の激しいハリケーンを目撃したりすることができます。

空間学習により、教科書を読んでいるときに想像する必要さえなく、3Dコンテンツが直接見えるようになります。

AR活用と医療業界(ヘルスケア)

ARはすでに医療業界で使用されており、技術が成熟するにつれ、広めるスピードが速くなるでしょう。医師と看護師は、ARの強化された視覚化機能を使用して、患者の診断、手順の計画、および治療計画の実行をより成功しています。 

3Dビジュアルは、2Dビジュアルと比較して、これらの医師が学ぶことがはるかに多くなります。機会と人間の知恵が融合し、この産業はさらに命を救うことができ、病気やけがを早く治ることもできるでしょう。

Advertisement

まとめ

ARの開発はここ数十年始まったばかりなので、まだまだ新しい技術です。どのように我々の生活に貢献していくかは、開発者の想像力にかかるでしょう。器械は人間を勝るかもしれないので、恐怖を感じる人がいれば、テクノロジーの可能性にワクワクしている人も少なくありません。AR技術だけれはなく、AI、ロボット、ブロックチェンといったような技術はどんな風に人間社会に良い変化をもたらすか、それはわれわれの意識とアプローチに関係していると思います。

~あなたのコンテンツを、配信してみませんか?~

【今・無料】手間のかからない音声配信!これからビジネスや趣味で始めたい方へ基礎を教えていきます!未来テクが使っているStandFMとHimalayaに特化した、スマホ一つで作れる番組の方法です!