世界トップ10融資を受けたAIスタートアップ海外企業2020

世界トップ10融資を受けたAIスタートアップ海外企業2020

スタートアップは世界中のキーワードです。その中には人工知能、AI–は現在、最も破壊的なテクノロジーの1つであり、スタートアップが今後の成長を果たすのにもっともよい分野です。 AI技術は、ビッグデータ、コンピュータービジョン、自然言語処理など、多くの技術に分散しています。それらの技術はビジネス、製造業、または人々の生活に革新をもたらしています。

Aiスタートアップ企業ーグローバル

AIテクノロジーのスタートアップ企業は、世界中の複数の投資家から、特に米国と中国で注目を集めています。 AIの分野で非常に資金が豊富で最も有望な独立系スタートアップは、ほとんどが米国、または中国から集まっています。

この記事ではAIスタートアップでAI技術を商品にしている企業で、世界で最も融資を受けた10個の企業をリストアップしてます。それぞれのスタートアップは動画、画像、視覚データのパターンの認識、AIアルゴリズムのパフォーマンスの最適化、新しいテキストを生成したり、遺伝子データを分析したり、ロボットを作成する分野に属しています。

Advertisement
融資のデータは6月にCruchbaseによるものです。

AI startup infographic

この図はこちらの記事ー【AIの分野】を参考しています。(英語)

以下のリストにはすでに有名になっている企業があれば、特定な分野で活躍、あまり世間では知られていない企業もあります。

AIスタートアップ日本企業

近年破壊的イノベーション(Disruptive innovation)は世界中に注目されています。その中にはAIは代表的な技術です。すでにこのブログの中で示したように、世界中の大手が競い合い、投資社の融資も何十億単位(アメリカ$ドラー)で受けています。

日本の企業でも、アメリカのGAFAや中国のBATのように、新規技術による巨額の投資が可能なため、技術の開発や、組織の効率かのために新しい技術にチャレンジしています。新しい技術を持ち、高い融資ができる企業を「ユニコーン企業」だと呼ばれています。

この記事では、巨額の融資を受けている企業をトップ10ほどリストしています。その中にはアメリカと中国の企業は最も著しいですが、何かヒントがもらえればと存じます。

トップ10のAiスタートアップリストーグローバル

10. ThoughtSpot

市場:データ分析–総資金:7億4370万ドル

ThoughtSpotは、ビッグデータ分析を通じて運営されているビジネスインテリジェンス企業です。 AI分析プラットフォームを通して、eコマース(イーコマース)と小売、金融サービス、製造とロジスティクス、メディアと通信、公共部門、ヘルスケア、ライフサイエンスのリアルタイムビジネス分析データの調査、分析および共有を可能にします。

国:米国–本社:カリフォルニア州サニーベール–設立:2012年

サイト:thoughtspot.com

9. MiningLamp

市場:データ分析–総資金:7億8,660万ドル

MiningLampはビッグデータの会社です。安全性、スマートシティ、製造、金融、ビジネスインテリジェンス、マーケティングなど、さまざまな業界にAI製品とサービスプラットフォームを提供します。 MinigLampは特に、AIを通して、人間と機械のコラボレーションを促進し、デジタルトランスフォーメーションを加速するのに役立ちます。

国:中国–本社:北京–設立:2014年

サイト:mininglamp.com

8. Automation Anywhere

市場:ロボットプロセス自動化–総資金:8億4000万ドル

Automation Anywhereは、Robotic Process Automation –RPAを専門とするソフトウェアの会社です。クラウド自動化プラットフォームをAi、機械学習や分析と組み合わせ、ソフトウェアボットを導入し、顧客が反復タスクや手動タスク、その他のビジネスプロセスを自動化し生産性を高め、カスタマーエクスペリエンスと従業員の関与を向上させるのを支援します。

国:米国–本社:カリフォルニア州サンフランシスコ–設立:2003年

サイト:automationanywhere.com

7. Samsara

市場:モノのインターネット–総資金:9億3000万ドル

サムサラはモノのインターネット(IoT)を専門とする会社です。 Samsaraは、オープンプラットフォームに接続したクラウド、分析ツール、AIテクノロジーをベースにしています。車両テレマティクス、ドライバーの安全性、モバイルワークフロー、コンプライアンス、資産追跡、産業プロセス制御の麺で、さまざまなIoT製品を提供しています。

国:米国–本社:カリフォルニア州サンフランシスコ–設立:2015年

サイト:samsara.com

*車両テレマティクス(Vehicle telematics):テレマティクスは、ナビゲーション、安全性、セキュリティ、通信を、車のダッシュボードに収まる1つの便利なテクノロジーをさしています。

6. Zoox

市場:自動運転車–総資金:9億5500万ドル

Zooxは自動運転車を専門とする会社です。これは、ロボタクシー市場向けの新しい自動運転車の作成を目的としており、自動運転機能を備えた通常の車を使用するのではなく、自動運転に最適化したオリジナルの車両を作成します。

国:米国–本社:カリフォルニア州フォスターシティ–設立:2014年

サイト:zoox.com

5. Nuro

市場:自動運転車、ロボット工学–総資金:10億ドル

Nuroは、自動運転配送車両の開発を専門とする会社です。食品、買い物袋、その他の貨物などを輸送するために設計された電気自動運転配送車両を作っています。 Nuroは小売企業やレストランチェーンと提携して、より安全で、よりクリーンで、より安価な配達の機会を提供しています。

国:米国–本社:カリフォルニア州マウンテンビュー–設立:2016年

サイト:nuro.ai

4. OpenAI

市場:自然言語処理、研究–総資金:10億ドル

イーロンマスク主導で設立されたOpenAIは、非営利の人工知能研究会社として立ち上げられました。その旨趣は人類の存在に危険をもたらさないAIの開発および促進です。最近、新しい自然言語処理モデルへのアクセスを提供する商用APIをリリースしました。

国:米国–本社:カリフォルニア州サンフランシスコ–設立:2015年

サイト:openai.com

3. UiPath

市場:ロボットプロセス自動化–総資金:10億ドル

UiPathは、ロボットプロセスの自動化を専門とするソフトウェア会社です。プロセスの自動化とクラウドへの展開を可能にするプラットフォームを提供します。プロセスマイニングとロボットプロセス自動化の両方の世界的リーダーの1つであるUiPathを使用すると、AI、機械学習ツール、分析とともに、有人および無人のロボットまで適応されます。

国:米国–本社:ニューヨーク州ニューヨーク–設立:2005年

サイト:uipath.com

2. Megvii

Market: Internet of Things – Total funding: $1.4 Billion

市場:モノのインターネット–総資金:14億ドル

Megviiは、特にモノのインターネット–IoTに焦点を当てた画像認識およびディープラーニングテクノロジー企業です。特に公共部門にサービスを提供し、認証ソフトウェア、オープンソースのコンピュータービジョンプラットフォーム、Face ++のほか、パーソナルIoT、スマートシティIoT、サプライチェーンIoT向けのさまざまなソリューションを開発しています。

国:中国–本社:北京–設立:2011年

サイト:https://megvii.com/

1. SenseTime

市場:コンピュータービジョン、顔認識–総資金:33億ドル

SenseTimeは、特にコンピュータービジョンの分野で活動しているAIテクノロジー企業です。顔認識と生体認証、画像とビデオの処理、ロボットセンサー、金融サービス、セキュリティ、スマートシティ、文化と娯楽、教育、広告などのアプリケーションを使用した自動運転など、多数の製品とサービスを提供しています。

国:中国–本社:北京–設立:2014年

サイト:https://www.sensetime.jp/

Advertisement

まとめ

スタートアップでAI技術を使った製品開発やソフトウェア開発は経済全体的な流れに対して、大きなポイントになりつつあることは間違いありません。特に物流やデータ処理などの分野では、既存のサービスや製品と連携することで、最先端の技術は多くの会社で生かすことになるでしょう。これは個人かしている社会にとって、大企業のサバイバル術となるかもしれません。

~あなたのコンテンツを、配信してみませんか?~

【今・無料】手間のかからない音声配信!これからビジネスや趣味で始めたい方へ基礎を教えていきます!未来テクが使っているStandFMとHimalayaに特化した、スマホ一つで作れる番組の方法です!