ロボット手術ー大門美知子とドクターXの世界【英語音声配信】

ロボット手術ー大門美知子とドクターXの世界【英語音声配信】

ロボットと一緒に患者さんの手術をする、そのような場面はドラマ・ドクターXの世界ではいくつかの場面で出てきました。実際にロボットを操縦し、その場で手術するのがあれば、アメリカから遠隔操作で日本の患者さんを手術する場面もあります。

しかし、どれもスーパードクターの大門美知子に勝つことはできませんでした。外科医として訓練と経験を積んできた彼女はロボットよりずっと早く、ずっと正確に手術をしていました。

とはいえ、ロボット手術は医学界のトレンドになることは間違いありません。AI機能があるロボットは手術するたびに腕をあげていき、莫大なデータを積むことになります。人間は年をとると体がきかなくなるが、ロボットは衰えることなく、更に正確に手術をしていくだけです。

ドクターX 4
画像はTV Asahiのサイトより

ロボット手術とは

Advertisement
ロボット手術は、米国および欧州の病院によって様々な治療に使用されるようになっています。

最も広く使われている臨床ロボット手術には、カメラ付きの機械式腕で、その上に手術器具がつけています。 外科医は、手術台の近くにあるコンピュータ画面の前に座って、機械式腕を制御します。 この画面は高精細度(High-definition)で、拡大した3Dの眺めを表示します。 外科医はチームとともに手術の操作を行います。

ロボット手術の全体像 (英語の音声配信あり)

ロボット支援手術では、外科医は近くで指示をしますが、伝統的な手術中のように患者のそばに立つわけではありません。それぞれの手術は異なりますが、ロボット支援手術の一般的な手順は次の通りです。

  • 外科医は、体に小さな切開(一から二センチメートルの長さ)を行います。
  • ミニチュアロボット機器と医療用カメラが体の中に入れ込みます。
  • 近くの大型コンピュータの前に座って、手術の手順を指示します。手術の過程は拡大鏡によりとても見えやすく、精密度が高いため、一つ一つの手順はみえやすいです。
  • 外科医は、そこに座ったまま、ボタンを操作します。
  • 手術ロボットはリアルタイムで動き、指示に従って手術を行います。
  • 人間よりも動く範囲が広いため、人間が手の届きにくいとこで繊細な手術を行うことが可能です。

English

During Robotic-assisted surgery, the main surgeon directs from nearby through a machine, but he/she does not stand close to the patients as in traditional surgery. While each surgery proceeds differently, here are the general steps to a Robotic-assisted surgery.

  • First, the surgeon makes tiny incisions in the body (one to two centimetres long).
  • Then he/she will insert a miniature robotic instrument and a powerful camera for surgery into the body.
  • The surgeon sits on a nearby computer console to direct the surgery. The camera inserted can magnify the area with great resolution.
  • The surgeon simply controls the buttons on the computer to perform the surgery.
  • Surgical robots respond to the orders in real-time with precision. 
  • The robotic parts, which have a wilder range of motion than a person, make it possible for surgeons to conduct delicate surgeries effectively.

手術支援ロボットダビンチ

ロボット手術で有名なのはダビンチという機械です。

この機械は外科医が精密および正確さの複雑な外科的処置を可能にします。普段手の届きにくいところの手術や術式の可能性を広げ、複雑な手術を行うために設計された高度のロボットマシンです。

ダビンチは世界中の病院に導入されており、2020年以降(ビンチとパンデミックの関係についてのレポートを参考にー英語)はもっと注目されることになるでしょう。

2010年にYoutubeで公開したダビンチによる葡萄の手術は世界中に大ヒットになりました。その内容は以下の通りです。

ロボット手術のメリット

ロボットを使った外科医は多くの場合、手術の精密、柔軟性および制御を高めたと感じています。また、カメラの拡大や精密さで、体の内部まで細かく見えます。ロボットの使用は不可能だとされた繊細で複雑な手術を可能にしています。

そのメリットをリストにしました:

  • 手術の影響によるもの、例えば外科部位の伝染を抑える
  • 痛みおよび失血量を減らす
  • より速い回復を果たす
  • 小さくて目立たない傷跡を可能にする

English

  • Fewer complications, such as surgical site infection
  • Less pain and blood loss
  • Quicker recovery
  • Smaller, less noticeable scars

ロボット手術のリスク

Advertisement
ロボット手術にはリスクが伴います。傷口の感染やその他の合併症のリスクが小さいが、従来の開腹手術と同じようなリスクがあります。

ロボット手術の未来

将来的には、ロボット支援技術は、医療の主要分野になり、多くの進歩を先導し続けます。 この新しい技術の波は、AI、外科ロボット工学、データ収集の融合によって特徴付けられるでしょう。 しかし、これらの技術の導入に伴う高いコストは、ロボット手術の普及には最大の障壁の一つであり続けます。

さらに、「見る」だけではなく、「触れる」機能はこれからのロボット開発のカギとなります。すでにこの機能は多くの外科医から要求され、手術するときの感覚をいかに再現するかは課題です。

ドラマ・ドクターXの中では、ロボット手術による失敗の画面もありました。ドラマで描いたように医療現場では似たような困難が見られます。しかし技術の発展により、本物のドクターXマシンを作ることも夢ではありません。

経験と意識を持つロボット外科医は人間より冷静に現場で活躍することを期待します。

~MBAビジネス英語~

CTA-IMAGE ~英語でビジネスの仕組みをマスターしよう~ ●仕事に行く前に、欲しい情報を英語でチェックし、世のトレンドを読み取る様子。 ●まだ日本には広まっていないニッチな情報を誰よりも早くゲットし、ビジネスの発展に貢献するところ。 ●自信を持って会社・自分のビジネスを紹介し、相手に尊敬してもらう眼差。 -------------------- 中・上級のための英語講座!