一人暮らしの癒しーペットの代わりになるロボットペット4選

一人暮らしの癒しーペットの代わりになるロボットペット4選

一人暮らしは自由もあれば、寂しい時もあります。

特に今のように、家にいるときは多いので、そばにペットがいると癒されますよね。

しかし、皮肉なことに、

一人暮らしの時は賃貸が多いので、ほとんどペットが飼えません。

そのために、飼いやすい小動物を選ぶ人は少なくないでしょう。

 

実は、一人暮らしの寂しさを癒してくれるのは、ロボットペットもできます。

この記事では、4つすでに販売されているロボットペットを紹介します。

 

ロボットは本物のペットの代わりになれる?

ある心理学者は長年、子供とロボットペットの関わり方について研究してきました。研究結果によると、子供はロボットペットに対しても感情を示しています。 

ロボットペットが傷ついたら悲しさを感じるそうです。

もちろん、ロボットペットは犬や猫のような生き物の代わりにはなれませんが、今後、あまりペットとして人気のない小動物(魚や亀)などの代わりにはなれそうです。

ペットの面倒を見なくていいし、ある程度飼い主と遊べるからです。

ここからは一つ一つロボットペットを紹介していきます。

Advertisement

AIBOーAIロボットペット

AIBOは人工知能を持つロボット犬です。機能性が十分に備えているし、色を見たり、物体を感じたり、音を聞いて反応することもできます。

そして、AIなので、関われば関わるほど成長していきます。1998年に最初のAIBOが発売されて以来、この長期にわたるペットロボットシリーズは何度も更新されてきました。

2017年、AIBOは最新型をリリースすると発表しました。ERS-1000は2018年1月11日に日本で発売され、世界中に人気になってきています。

今も常にモデル更新しているので、ロボットペットとしてはかなり有名なブランドです。

Yume Nekoー本物のようなロボットペット

Yume Nekoは本物の猫を真似して作りました。猫が好きでアレルギーを持つ方には向いています。

猫のようにニャンと鳴いたり、そばに人が近づくのを感知することもできます。飼い主の行動に応じて声を出したり、本物のようにかわいがることは可能です。

Qoobaー癒しのしっぽロボットペット

Qoobaは、しっぽが揺れる抱きしめることができるロボットペット。柔らかい素材でできているため、飼い主に心を落ち着かせたり、癒しの効果は高いです。

確かにペットのように顔や足などはないし、声でコミュニケーションを取ることもできません。

けれど、一人で落ち着きたい時、または温かい物を抱きしめたい時はちゃんと反応を見せてくれます。

Moflinー感情と性格を見せるAIロボットペット

MoflinはVanguard Industriesが有名なクラウドファンディングKickstarterで資金を集めているプロジェクトです。2021年から販売します。

Moflinは、まったく新しいコンセプトから作られたAIペットです。生き物のように感情を持つ、時間が経つにつれて自分の性格を育てていけます。

Advertisement

見た目はふわふわのハムスターに見えるので、自然に撫でたくなります。

様々なセンサーをついているし、モバイルパターンとサウンドパターンを組み合わせて反応しています。

生き物の真似をして作られています。

まとめ

ロボットペットは本物の代わりにはなれないが、ペットとして新しい関わり方を作り出すと思います。

例えば、言葉で人と会話をしたり、毎日の散歩は必須ではなくなったり、エサ代と医療代を節約したり。ロボットペットはもっと多くの人に幸せを送れます。

最後には、家庭用ペットの概念を超えたロボット動物を紹介する動画を見せしたいです。

未来のトレンドについて、ワクワクできそうです!

~あなたのコンテンツを、配信してみませんか?~

【今・無料】手間のかからない音声配信!これからビジネスや趣味で始めたい方へ基礎を教えていきます!未来テクが使っているStandFMとHimalayaに特化した、スマホ一つで作れる番組の方法です!