NFTのミント費用がゼロ?OpenSeaとRaribleでLazy mintingする方法をまとめた

NFTのミント費用がゼロ?OpenSeaとRaribleでLazy mintingする方法をまとめた

従来、NFT販売するには、イーサリアム(Ethereum)上にミントする必要があるため、取引で発生するガス代(手数料)を支払うことが普通でした。しかし新機能lazy minting(レイジーミンティング)は、ガス代をNFT購入者が支払うようになります。そうすると、クリエイターの初期費用を抑えることができます。

この記事では、Lazy mintingとは一体何か、クリエイターにとってのメリットとデメリットを含め、海外のNFTマーケットOpenSeaとRaribleでミントするプロセスも紹介していきます。

 

この記事を書いた人
ビビアン:長野県在住のカナダ人。カナダ政府の仕事で来日⇒大手企業を経て⇒現在は動画クリエイター。「自由な人生を探求しながら」クリエイターの視点で夢を抱く人々を応援する情報を発信中。 

NFTを簡単にミントするLazy mintingとは?

Lazy mintingを解説する前に、ガス代とは一体何かを説明します。

ブロックチェーン上で取引を処理・検証するために必要な計算エネルギーと引き換えに、NFTの作成者や作った人が支払わなければならない手数料がガス代です。

 

つまり、NFT作品をミントする(作る)ためには、ブロックチェーン上で、計算資源を交換するための手数料を支払わうことになります。

 

ガス代はパソコンのエネルギーや取引の量で高くなります。そこで、高いガス代を克服するために、lazy mintingが生まれました。

Lazy mintingとは、NFTが「オフチェーン」つまりブロックチェーンの外側で利用でき、NFTの販売後にミントされることです。

Lazy Mintingを使うと、クリエイターはガス料金を前もって支払う必要がありません。これに対し、ガス代はNFT作品が購入され、「オンチェーン」で転送された後に支払われます。

つまり、NFTをミントするのは購入者です。

NFTはどのようにミントされているの?

Mintingとは、デジタルファイルをブロックチェーン上で暗号収集可能な、または非化石性のデジタル資産に変えるプロセスです。

デジタルアイテムは分散型データベースまたは分散型台帳に保存され、編集、修正、削除が不可能になります。

特定のアイテムをアップロードし、ブロックチェーン上のユニークなトークンに割り当てるこのプロセスは、ミンティングとして知られています。

NFTミント費用

Lazy Mintingと有償ミント、どちらがいい?

Lazy mintingと同様に、有償NFTミンティングは、デジタルアイテムをNFTにするプロセスです。

マイニングの仕組みは、コインや暗号資産の処理と似ています。ブロックチェーン上で作品のミントに成功すると、その作品は永遠の公式NFTとなります。

通常、NFTのミントでは、ブロックチェーンへの取引の入力に協力するマイナーのインセンティブとして、クリエイターから手数料を徴収されます。

ガス料金は、GWEIで測定されます。

GWEIはイーサリアム・ブロックチェーンネットワークで使用されるガスの単位です。1 GWEIは0.000000001 ETHに相当します。

Lazy Mintingのメリット

Lazy Mintingのメリットは主に以下の3つです。

  • ガス代の影響を軽減する

ガス代の支払いを販売後にすることで、作品を出品する自由度が高くなります。

  • 参入の壁をなくす

高額なガス料金によるの壁をなくし、アーティストや開発者がより手頃な価格でNFTを発行できるようになります。

  • 流動性の促進する

NFTは売却後にしか譲渡できないため、Lazy Mintingは流動性を促進します。これにより、売り手はミントされた売れ残りのNFTのコレクションを防ぎ、買い手はNFTが譲渡されるのをいつまでも待つ必要はありません。

Lazy Mintingのデリット

Lazy Mintingのデメリットは主に以下の2つです。

  • 最終決定権を失う

Lazy mintingはガス代がかかりませんが、販売者は自分の作品を誰が購入し、いつ譲渡されるかについて最終的な決定権を持たなくなるのです。

  • 詐欺の可能性

有償ミントの場合、取引が成立するまでに、クリエイターがあらゆる呼びかけをします。しかし、Lazy mintingなら、NFTを販売しても、ミントして購入者へ渡さない限り、詐欺となります。

 

Lazy mintはクリエイターのために作られた便利な機能です。

もちろん、リスクは伴いますが、NFTの市場に参入したばかりのクリエイターにとっては試すべきでしょう。

 

次のセクションではOpenSeaやRaribleのミント費用を紹介していきます♪

 

OpenSeaやRaribleのミント費用はいくら?

OpenSeaマーケットプレイス

初めてイーサリアム一時的手数料

OpenSeaのアカウントを作成して閲覧を開始するのに費用はかからないが、初めてイーサリアムに商品を出品するときに、一時的な手数料が発生します。

OpenSeaのサービス料

ユーザーがOpenSeaを利用して出品すると、取引ごとに2.5%を徴収しています。ユーザーとパートナーは、いつでも無料でNFTを作成することができます。

クリエイター料金

クリエイターは、コレクションレベルの手数料を最大10%まで設定することができます。

Raribleマーケットプレイス

Raribleは2022年6月から、すべての販売から、買い手側で1%、売り手側で1%を徴収するようになりました。

 イーサリアムは手数料が高い傾向にあり、フローブロックチェーンのミントは安いです。

もちろん、フリーミンティングすることも可能です。

「フリーミンティング」を有効にすると、NFTの購入者が手数料を負担することになります。

「フリーミンティング」は作品をRaribleコレクションに追加するもので、あなたのコレクションではありません。自分のコレクションを立ち上げるには、手数料を負担することになります。

OpenSeaのLazy mintingプロセス

https://opensea.io/

Openseaログイン画面
Openseaログイン画面

①ETHウォレットをOpenSeaのアカウントに接続します。MetaMaskなど、いくつかのウォレットオプションから選択することができます。

②OpenSeaダッシュボードでcreate the collectionをクリックし、OpenSea Collectionを作成します。

③OpenSeaで最初のNFTコレクションを作ります。ロゴ、バナー、名前、説明文を入力してください。

Opensea create a new item
Opensea create a new item

④次に、お好みのブロックチェーンを選択します。ガス代がかからないようにするために、Polygonブロックチェーンを選択してミントしましょう。

Opensea polygon chain
Opensea polygon chain

 

Createをクリックして開始

RaribleのLazy mintingプロセス

https://rarible.com/

Rarible connect wallet
Rarible connect wallet

①Rarible.comにアクセスし、「サインイン」をクリックし、ウォレットを接続します。

Rarible upload
Rarible upload

②「作成」をクリックし、NFTに関するすべての情報を入力しましょう。

③ミントの選択肢から「Free minting 」を選択してください。

Rarible free minting
Rarible free minting

④「create item」をクリックし、のウォレットで無料の認証にサインしましょう。

Rarilble create
Rarilble create

⑤完了です。

 

まとめ

Lazy Mintingは、NFT市場で急成長しているトレンドで、アーティストや開発者にとってメリットは多い。

NFTをミントするための初期費用が不要なため、出品のプロセスが新プリになります。

NFTには興味がある、やってみたい個人のクリエイターはぜひLazy mintを試してくださいね!

~6ヶ月で0から1000人の道のり~

CTA-IMAGE ビビアンのYouTube実践記、リアルのノウハウを動画シリーズにて無料公開中! ●1~2ヶ月目:80人 ●3~4ヶ月目:600人 ●5~6ヶ月目:1000人