整形級化粧の達人が挑戦する顔認識ー顔認識の仕組みを簡単に解説する!

整形級化粧の達人が挑戦する顔認識ー顔認識の仕組みを簡単に解説する!

顔認識は、データポイントで保存された個人の顔を検出するために使用される認識技術です。 顔認識は近年力が入れられている技術です。この技術の応用はAIやスマートホームシステムにも応用されています。

 

しかし、顔認識は一体どんな仕組みで作られていますか?

化粧すると、変わりますか?

face-recognition-makeup

この記事では、整形級化粧が顔認識に挑戦してどうなるのかをはじめ、顔認識の仕組みを簡単に解説していきます。

Advertisement

整形級化粧VS顔認識

この動画はYoutubeでは大変人気があります。

ある女性は化粧をしてIphoneの顔認識に挑戦する過程が見られます。

薄い化粧からはじめたが、Iphoneの顔認識は簡単に認識できました。

目を大きくしても認識できて、彼女は最後の手段で鼻の長さやあごの長さも調整しました。

そして、顔認識は効果を失いました。

 

3D Structure Sensor

3D 構造センサー

 

この動画によると、顔認識のポイントは顔の細部より、顔の輪郭は判断になっているようです。では、一体どんなことがポイントになっているのか、これからまとめていきます。

 

顔認識の4ステップ

ステップ1:顔検出

まず、カメラは顔を検出して認識します。

 

ステップ2:顔の分析

次に、顔の写真を撮って分析します。ほとんどの顔認識は、2D写真を元に認識するため、3Dではなく2D画像を軸にしています。

識別可能なランドマーク(強調ポイント)またはノードポイント(顔の輪郭を繋ぐ節点)が計算されます。細かく計算すればするほど顔の認識度がたかくなります。

face-recognition-functions

ステップ3:画像をデータに変換する

次に、顔の分析が数式に変えて、コードの数値で保存されます。この数値コードはフェイスプリントと呼ばれます。指紋と同じように、人はみんなはユニークなフェイスプリントを持っています。

 

ステップ4:一致するものを見つける

次に、このコードを他のフェイスプリントのデータベースと比較されて、認識できた人のデータを引き出します。フェイスプリントはデータの一部でありながら、他のデータを引き出すことも可能です。

 

Facebookの写真タグ機能はこれを応用しています。

 

顔認識の進化ーマスクをつけても認識可能

face-recognition-mask

コロナの広がりで、マスクをつけたまま顔認識ができるようなニーズが増えてきました。

コロナの前に、犯罪者がマスクで顔の半分をかぶって犯罪を行ってきたので、すでに開発されていました。

 

マスクをつけたままの顔認識は厳密でいうと、二つのことを認識しています。

一つは顔認識の技術で、顔を検出します。

もう一つは顔のマスクを認識することです。

この二つのポイントは機械学習アルゴリズムのポイントです。

ほとんどの顔認識は身元IDにリンクするので、プライバシーの問題で議論されてきました。けれど、このソフトウェアは身元を確認することが目的ではなく、顔の認識が目的です。

参考記事(英語)

Advertisement

まとめ

いかがでしたか?

化粧で認識してくれないじゃないという心配はありません。

顔の輪郭を大きく変える化粧技術でなければ、Iphoneや携帯などの顔認識はできるはずです。

 

顔認識は2Dと3Dの画像を認識する技術の上で成り立っています。

デバイスによってアルゴリズムが違いますし、そのために、Iphoneの顔認識は整形級化粧には負けてしまいます。

一方、指紋はそれほど簡単に変えるようなものではありません。

 

どんな技術でも進化とともに強化されていきます。

使い方次第で「良いもの」にしたり「悪いもの」になることは可能です。

だからこそ、今後の世界を予測しながら、今から何をしていくか、あるいは何を作っていくかを考えるのが大事かもしれません。

 

この記事は少しヒラメキを与えたら嬉しいです。

~MBAビジネス英語~

CTA-IMAGE ~英語でビジネスの仕組みをマスターしよう~ ●仕事に行く前に、欲しい情報を英語でチェックし、世のトレンドを読み取る様子。 ●まだ日本には広まっていないニッチな情報を誰よりも早くゲットし、ビジネスの発展に貢献するところ。 ●自信を持って会社・自分のビジネスを紹介し、相手に尊敬してもらう眼差。 -------------------- 中・上級のための英語講座!