イー コマースとはからその未来について【英語音声配信】

イー コマースとはからその未来について【英語音声配信】

イー コマースは生活の一部になっている人が多いです。配達サービスのおかげで、2020年を無事に過ごした人も多くいます。でも、イー コマースは一体、何ですか?日々変化していくテクノロジーとともに、どう変化していくでしょうか?

この記事では、イー コマースについて、現状から未来像について簡単にまとめています。中には、英文と日本語の翻訳もあるので英語を学びたい方は音声も聞いてください。

Advertisement
*ハイライトは音声配信で説明した単語です。

イー コマースとは

イーコマースはまた、eコマースといいます。オンラインショッピング体験を指しています。日本だと、イーコマース企業として有名なのは楽天です。世界的に有名なイーコマース企業はアマゾンですよね。これらの企業の特徴は自社商品を持つより、プラットフォームを提供し、商品を持っている人にオンラインで売る仕組みを提供しています。

最近は、イーコマースの機能を備えた百貨店なども進出し、競争力が高くなっています。また、実店舗で販売するのは困難になりつつあるので、工夫している企業は増えています。それについては、イーコマースの現状でご紹介します。

イーコマースの特徴(英文と日本語訳)

  1. Open to the world

When the physical barriers are demolished, the number of traffics increase easily as people all over the world can find you through a click. Although it is becoming easier to open a store compared to a location-based retail store, online businesses need new and creative ways to gain traffic.

地域を超える 

場所に縛られないのでオンクリックで世界のどこからでもアクセスできます。従来の実店舗より集客は簡単になっていますが、イー コマースはもっとクリエイティブな方法で集客をしなければいけません。

2. New sales options

Traditionally, retail stores either sell their own products or sell the products purchased from various suppliers. Almost in all cases, they need to pay in advance to sell products. However, with the advancement of the internet, a new sales option called Dropshipping is born. This method allows you to advertise for products you have not acquired yet and when a customer places an order, you write down the order information to the supplier. The money you make is the difference between the actual cost and your advertised cost. This new sales option enables lots of marketers to enter the retail industry freely and allows them to practice what they do the best–marketing.

新しい販売の仕方

もともと店で売っているものは自社商品か、ほかの場所で集めてきた商品が多いです。いずれにせよ、事前に商品を調達するお金と時間が必要です。しかし、インターネットの発達により、イー コマースでは新しい売り方が出てきています。それはドロップシッピングです。保有していない商品を先に宣伝し、売った時に提供者に顧客の情報を送ります。提供者の値段と、宣伝した値段の差が儲けになります。この新しい方法はマーケターたちに腕を見せる機会を与えています。得意なマーケティングだけで生活していけるようになっています。

3. Open 24/7, 365 days

Since eCommerce relies on the internet address to thrive, it does not have the idea of open hours and close hours, unless the internet server is affected. This advantage allows products to be sold wherever and whenever. There is a phrase in the business world-make money while you sleep. With eCommerce, this idea can be easily realized.

いつでもどこでも

実店舗はないので、営業時間もありません。イー コマースは真にいつでもどこでものビジネスです。英語圏ではこういうフレーズがあります:寝ながらお金を儲ける。イー コマースはこれをもっとも簡単に実現させてくれる方法です。

イーコマースの現状

イー コマースと実店舗、それぞれには特徴があり、今まで馴染んでいた実店舗でのショッピング体験をいきなり変えることはとても難しいです。しかし、2020年をきっかけに、変えなければいけない時期が来ました。インターネットの良さは注目されています。

実店舗と比べると、イー コマースは商品に触れないや、人間味がないところでまだまだ足りないが、テクノロジーの進化で少しずつ改善していけます。

  1. 「おすすめ機能」おすすめ機能を強化していくとより消費者のニーズに沿ったものが提案できます。すでに経験しているが、SNSを開くと見たい内容、あるいは気になる記事が出ますよね。それはビッグデータを通して、個人像が明確に描かれたから、アルゴリズムが正確にお勧めできます。
  2. 「Zoom接客」2020年5月から、三越伊勢丹はZoom接客を始めました。お客様とZoomで会話をし商品を売る仕組みです。Zoom接客はイーコマースのAIより、人と接している感覚が強いのでオンラインと実店舗の境にある新しい売り方です。
  3. 「AR/VRの導入」始まったばかりですが、イーコマースで服の試着などができるようになっています。または、テクノロジーを利用し「ゲーム感覚」を生み出すショッピング体験もあります。人と接するときさえ味わえない面白さが新しいセールスポイントになりそうです。AR/VR/MRについてこちらの記事を参考にしてください。

イーコマースの未来

イーコマースの到来は90年代インターネットの発展以来です。ここ30年は素晴らしい進化をみせてくれました。0からここまで30年、これからの30年は?VRやMRテクノロジーの発展により、今後はパソコンさえ存在しないかもしれません。もし、インターネットの店舗も実店舗のようにホログラム化できたら、実店舗の生存はさらに難しくなるはずです。

これは避けられない事実です。

テクノロジーが進化し、ライフタイルを変えていきます。

その時になると、消費者は何を求めるでしょうか?

残念ながら、今は想像するしかありません。

Advertisement

まとめ

イーコマースの普及は多くの人に新しい生き方を与えました。好きなことと得意なことをするだけで生計を立てるようになっています。この記事では、イーコマースの概念から現状と未来まで解説しました。英文の部分は音声が入っています。ぜひ英語の勉強に使ってください。

~MBAビジネス英語~

CTA-IMAGE ~英語でビジネスの仕組みをマスターしよう~ ●仕事に行く前に、欲しい情報を英語でチェックし、世のトレンドを読み取る様子。 ●まだ日本には広まっていないニッチな情報を誰よりも早くゲットし、ビジネスの発展に貢献するところ。 ●自信を持って会社・自分のビジネスを紹介し、相手に尊敬してもらう眼差。 -------------------- 中・上級のための英語講座!