世界のファッションーシャネルはこうして生まれたー仕事で使える英語

世界のファッションーシャネルはこうして生まれたー仕事で使える英語

ここは英語脳を強化していくスタジオです。

ビジネスの場面やテクノロジーに特化した内容を日本語と英語で聞き流していただけます。

リラックスした時にゆっくり聞き流すことをおすすめします。はじめは英語と日本語で今回のテーマを届けます。
その後は、単語やフレーズを解説しながら、インプットをアウトプットに変えていけるよう、英語で考えましょう。

この記事はYoutubeチャンネル【聞き流しBiz英語】とポッドキャストで公開しています。

Coco Chanel’s upbringing was defined by poverty and hardship, which few people are aware of. Her mother died when she was 12 years old, and she was taken to an orphanage convent in Central France. It was a difficult period for the little girl, but it was there that the nuns at the convent taught her how to sew.

ココ シャネルの生い立ちは、あまり知られていませんが、貧困と苦難の連続でした。彼女が12歳のときに母親が亡くなり、フランス中部の孤児院に連れて行かれたのです。彼女にとってはその経験は苦しいものでしたが、そこで、修道女(しゅうどうじょ)たちから裁縫を教えてもらい「運命の歯車は動き始めました」。

Coco married Etienne Balsan, a rich ex-military commander, in 1908. Coco, who was just 23 years old at the time, moved in with her husband and spent the next three years at his chateau. Out of boredom, she began designing and making hats — her first venture into the world of fashion.

ココは、1908年に裕福な元軍司令官のエティエンヌ・バルサンと結婚しました。当時23歳だったココは、夫のもとに身を寄せ、その後3年間、彼のシャトーで過ごした。退屈しのぎに、彼女は帽子のデザインと製作を始め、ファッションの世界に初めて足を踏み入れたのです。

Chanel launched her first boutique in 1913, with the help of Arthur Capel, her second lover. It provided luxury casual clothing made of jersey and tricot. Originally, these materials were solely used for men’s underwear, thus this was a revolution in women’s fashion. Her boutique immediately became a hit due to its prime location on a popular street. Her sister and aunt were the original Chanel models, and their job was to dress up in Chanel’s clothing and “advertise” them by walking about town dressed in Chanel from head to toe.

1913年、シャネルは二人目の恋人ーアーサー・カペルの協力を得て、最初のブティックショップをオープンしました。ジャージやトリコットを使ったラグジュアリーなカジュアルウェアを提供したのです。もともとこれらの素材は男性用の下着にしか使われていなかったので、女性のファッションに革命をもたらしました。彼女のブティックショップは、人気のある通りの一等地にあったため、すぐにヒットしました。姉や叔母(おば)はシャネルの最初のモデルであり、シャネルの服を着て、頭の先からつま先までシャネルブランドに包み込まれ、街を歩くことで宣伝していました。

Discussion Topic:

What’s your fav brand, what do you like about it?