女性としてWeb3.0で働いて思ったこと|ビビアンのつぶやき記事

女性としてWeb3.0で働いて思ったこと|ビビアンのつぶやき記事

2022年9月に、私は長野から福岡に移住しました。

そして、移住とともに新しくはじめたのはWeb3.0の仕事です。

「仕事が先か、移住が先か」と聞かれることもありますが、私は移住を決意してからこの仕事に出会いました。

 

この記事を書いた人
ビビアン:現在福岡県在住のカナダ人。カナダ政府の仕事で来日⇒大手企業を経て⇒現在はブロックチェインマーケティングを行いながらクリエイターとして情報発信。「自由な人生を探求しながら」クリエイターの視点で夢を抱く人々を応援する情報を発信中。

 

今の仕事は挑戦ややりがいという面で言うと100点満点!

Web3に関われることも、今まで考えられなかったことですごくワクワクしています!

 

Web3.0は何?と、疑問に思うこともあるかもしれませんが、

簡単に言うとブロックチェイン技術を使ったWeb上の新しいサービスのことです。

よく耳にするのはNFT作品、P2Eゲーム、メタバースといったキーワードかもしれません。

 

Facebookが会社の名前をMetaに変えたほど、次の産業大革命と感じさせてくれる可能性の大きい分野です。

私は技術面で関わっているというより、マーケティングですが、すでに既存のマーケティング手法と違うことに気づきました。

 

今回、ここでシェアしたいのは仕事上で感じたことではなく、

女性としてWeb3.0で働くことに当たって感じたことです。

 

Web3.0で働いている、または関わっている男女の比例ですが、

圧倒的に男性が多いのです。女性の何十倍以上も多いのです。

もちろん、技術に関して男性は比較的に敏感度が高いので仕方がないところもありますが、

女性として関わって感じたのは「女性の感性」がまだ少ないところです。

 

NFTアートコレクションを見ればすぐわかると思いますが、

「お金」、「クール」、「社会地位」といったイメージのものが多く、「優しさ」、「かわいい」、「居場所」といった女性寄りのイメージは比較的に少ない。

Google写真で「NFTコレクティブ」で検索した結果

男性エネルギーの強い作品を目にすると、どうしても「競争心」や「目的達成」といった心理的な潜在ニーズが刺激されてしまいます。

つまり、仕事をする時は無意識な時に私は少し「男性っぽく」なってしまいます。(笑)

 

幸いなことに、今の会社は女性目線のサービスを出しているので、女性の心理を理解しようとする姿勢はあります。ただ、Web3.0業界全体では男性のエネルギーが強いと感じています。

そうとはいえ、それは決して悪いことではありません。

シンプルに私はもっと女性の仲間が参入してほしいと願っています。

男性は先駆者としていろいろ行動するのはうまいのに対し、女性はコミュニティのサポートやサービスデザインの面で優れています。

そして、Web3.0のコンセプト一番革新的なのは「サービス提供者やサービスの使用者はみんな仲間だ」という考え方があります。

誰が上か下かではなく、むしろみなが一つになってコミュニティを盛り上げていくというDAOといった考え方が中心になっています。

ビビアン
ビビアン
DAOはDecentralized Autonomous Organizationのことで、分散型自律組織と言います。DAOには中央集権的な権力を持つ人がおらず、参加者全員が平等な立場で組織が運営されるという仕組みを指しています。

競争を前提にした「ビジネス間の戦い」というより、今後は「みんなが潤うビジネスネットワークの構築」ができるのはWeb3.0の魅力。

これはとても女性的な考え方だと思いませんか?

どこか愛を感じさせてくれる仕組みです。

 

2020年から、この世界は疫病や戦争に見舞われています。

仕事を失ったり、大切な家族を失ったり、人生が真っ暗に見てしまった人々のつらい体験はたくさん溢れています。

でも、苦しみを体験し、苦しみばかりになってしまったら、この世界は暗くなるだけです。

苦しみから可能性と希望を見出して、新しい人生を歩むのは本当の「再生」でしょう。

 

Web3.0は、私に「経済の仕組みが再生される可能性」をみせてくれた大事な産業です。

誰でも好きなように自分を表現し、組織に縛られないように自由になれたら、その時、我々は何を選ぶでしょうか?

高い意識を選んで、進化していくでしょうか?

それとも…

もちろん、答えはその時にならないとわかりませんが、少しでもこの世界に「違う可能性」をみせたほうが苦しむ人が減っていくと思うのです。

本当の経済は、人々を幸せにするために構築される仕組みだと思います。

それを愛を持って、進んでいきたいと思っています。

【われわれは仮想世界を生きている】の感想|書評

【われわれは仮想世界を生きている】の感想

もし、私たちが住んでいる宇宙はパソコンのシミュレーションで作ったものだったら?

もし、リアルに触れているものが「リアル」じゃなかったら?

最近、現実を疑わせる面白い本を読んでいます。

リズワン・ヴァーク著の「The Simulated Multiverse」で、日本語訳は「われわれは仮想世界を生きている」です。

この本を読もうと思ったのは、テクノロジーの面で神秘的な宇宙がどのように分析されているかが気になったからです。

正直、内容はとても難しいですが、奇想天外なアイデアばかりで刺激的です!

 

現実を見なきゃ!

こんな言葉は何度も聞いてきたのではありませんか?

でも、現実世界は本当に私たちが思うように「リアル」で、「決定的」なのでしょうか?

 

「われわれは仮想世界を生きている」によると、私たちの現実は、より高いレベルの現実で計算されたシミュレーションであると考えられています。

簡単に言えば、この世界はある種のゲーム宇宙であり、私たちはそのゲームの登場人物なのです!

 

ここで私はShakespeareの名言を思い出しました。

All the world’s a stage, and all the men and women merely players.

和訳:この世はすべて舞台、男も女もすべて役者に過ぎない。

この言葉を学校で学んだ時は、俳優に喩えた比喩表現だと思いました。

しかし、今では、この西洋の芸術領域の天才が本当に比喩を使ったのか、疑っています。

誰よりも豊かなインスピレーションを持つShakespeareは、もしかして、インスピレーションから降りてきた真実を記しただけではないでしょうか?

 

本の内容に戻ります♪

 

作家のリズワン・ヴァークの論点は、私たちの世界は、より広い宇宙の中に組み込まれている可能性があります。

したがって、この世界は、ある意味で、より大きな含有空間の「シミュレーション」なのです。

 

本の中では世界をよく、コンピュータゲームと喩えられています。

光の限界速度、量子もつれ、量子崩壊といった基礎物理学上の問題を理解するのに役立つアイデアも提案してくれました。

例えば、誰も見ていないものを計算するためにリソースを浪費するのはあまり意味がないので、誰かが見ているタイミングで計算すればいい。

そのため、私たちの体験もゲームの状態に似ています。

そこに行かないと、目の前の風景が見えないし、前へ進めば新しい風景が広がってきます。

 

そして、本の中にはもう一つ面白いコンセプトが提案されています。

それは、

シミュレーションされているのは一つのタイムラインだけでなく、多くのタイムラインであること。

 

私たちは、単一の宇宙に住んでいるのではなく、複数の時間軸が複雑に絡み合ったネットワークの中に住んでいるとヴァークは主張しています。

 

そして、この本は一般人向けの良い書物で、情報理論、セル・オートマトン、進化コンピューティング、量子コンピューティングの関連トピックにも触れています。

 

ビビアン
ビビアン
100%理解できる内容ではないですが、新しい考え方があると知るだけでもっと柔軟に現状を対処していけるような気がしています。

 

マルチユニバースの例として、「マンデラ効果」の例が議論されています。

マンダラ効果はひとつの歴史的な出来事に対して、数多くの人は違う物語を記憶していることだよ!
ルシファー君
ルシファー君

 

「われわれは仮想世界を生きている」は、彼らは別の時間軸を記憶しているのではないかと考えています。

宇宙には複数のタイムラインがあるし、それぞれの世界はお互いを影響し合っていると、作家のリズワン・ヴァークが議論をしています。

 

ここまでは、私は最近ハリウッドにもよく出てくるパラレルワールドをテーマにしたドラマや映画を思い出します。

ひとつはFringe、もう一つは最近の映画Everything Everywhere All At Onceです。

Fringe

Everything Everywhere All At Once

どれもマルチユニバースを肯定しているし、それぞれの世界が影響し合っていることを前提に物語が展開しています。

 

もし、自分と同じ顔・感覚の人がほかの世界に存在しているのであれば、興味が湧きますか?

どんな人生を暮らして、どんなことをしているかと、気になりますか?

私はすごく気になります!

 

「われわれは仮想世界を生きている」は私にとって、精神世界の理論と科学的な理論を融合した一冊です。

 

この中で書かれている仮説は確かに理解しにくいものもありますが、今の暮らしを再考させてくれるきっかけを与えてくれました。

 

実は、5年前の私はまだ「現実的」で、精神的な世界やスピリチェアルの本を暇つぶしで読んでいた程度です。

 

しかし、ストレスによる慢性的な腹痛を経験し、何度もクリニックに通って変わりました。

医師から毎回一週間分の抗生物質をもらうのですが、痛みを緩和する程度で、薬の副作用も強かったです。

 

そこで、ある友人は30年間も瞑想してきたことを打ちあげてくれたのです。

 

ビビアンの痛みはおそらくストレスによるものだ。瞑想はストレスを解消するので痛みには効くんだよ。と、友人は三ヵ月をかけて私を説得したのです。

 

そして、半信半疑で彼が行っている瞑想をはじめたら、一ヶ月後痛みが完全に消えてしまいました!

 

ストレスによる痛みなので、体をケアしなくなったらまた痛み始めるけれど、目をつぶって休憩するだけで体が健康になることは不思議で仕方はありませんでした。

 

その経験は私にとって、「先入観」や「固定概念」を考え直すきっかけでした。

科学で証明できれば理解しやすくて信じやすいですが、科学で証明できない現象も多くあることを忘れてはいけません。

 

私の大好きな起業家兼イノベーターのSteve Jobsは精神世界のテクニックを活用してテクノロジーの最先端を歩んだ人物です。

 

「不可能」を可能にする第一歩はイメージすることだと思います。

その後はイメージが実現すると信じて形にしていく…こうした思考とアクションのバランスは大切だと考えています。

 

ちなみに、Steve Jobsも読んだというスピリチャルの本「ヨギの自叙伝」はもっと理解しがたい世界観が描かれています!

「われわれは仮想世界を生きている」と似ているところもありますよ^^

興味があればぜひ「われわれは仮想世界を生きている」を読んでみてくださいね。

東京ビッグサイトのイベントJapan event weekのイベントレポート

東京ビッグサイトのイベントJapan event weekのイベントレポート

この夏6月29と30日は東京ビッグサイトで行われたイベントーJapan event weekに行ってきました^^

ビッグサイトでイベントするのは最高!

海辺の近くなので、スッキリした気分です。

ビッグサイト(ゆりかもめ)
ビッグサイト(ゆりかもめ上で撮影)

 

Japan event weekは「イベント・ライブ・エンターテイメント」、「コンテンツ」そして「自治体」などの業界からの出展がありました。

そして、展示会とともにセミナーがあり、前もって予約できます。

 

今回の展示会を含めて、ビッグサイトに行ったのは2回目です。

コロナで2年間も東京に行っていなかったけれど、今年は一気に一日数千人~数万人と同じ会場にいた気分♪

ビッグサイトイベント

少し人が多くているだけで疲れていたけれど…

面白いセミナーに参加できたのはうれしかったです。

 

今回私が参加したセミナーは以下の3つです。

「エンタメ×NFTの可能性」

「新時代の音楽ビジネス」

「ファンとアーティストをつなぐグッズ戦略」

Japan event week受付
Japan event week受付

すべてのセミナーは事前の予約が必要だったので、簡単には受けることはできません。

この3つのセミナーで学んだのは音楽業界の最近の動き。

特にアーティストを抱えている企業は何をして売り上げを伸ばすべきかです。

 

音楽業界は今までライブで売上を取ることがメインでしたが、

コロナで来場者が半分以下になり、ライブの売り上げも減ってきています。

 

それで近年はオンラインの売上を伸ばすように新しい動きが出てきて…

その中には特に面白いと思ったのはグッズの販売で紹介されたARTISTSTORE.JPです。

アーティストのYouTubeチャンネルと連携すればポップアップでグッズのページが出てくるし、他にチケットぴあのような大手プラットフォームと連携し、グッズ販売を広がっています。

 

ARTISTSTORE.JPが目指しているのはアーティスト活動を支援することを目指すECポータルサービスのHUBになることで、様々なポラットフォームと連携する予定です。

ビビアン
ビビアン
セミナーの資料は撮影・録音禁止のため、詳しい内容はシェアできませんのでご了承ください。

日本で大規模の展示会に参加したのは2回目で、どれも素晴らしいスピーカーばかりでした。

情熱を持って話してくれる人もいれば、新しい動きにワクワクしてシェアしてくれる業界のトップもいます。

Japan Event week展示
Japan Event week展示

このような感動はオンラインのセミナー・展示会に決して得ることのできないもので、ライブならではの魅力ですね。

 

Japan event weekは様々なテーマで年に数回開催されています。中には特に有名なのはJapan IT Weekです。

今年の春は2022年5月11~13日にすでにビッグサイトで開催されましたが、秋の10月には幕張メッセで開催される予定です。

関西にもあるようです!
ルシファー君
ルシファー君

参加無料のものがほとんどで、興味があればこちらをみてみてくださいね!

横浜中華街四川料理のオススメ、本場の味!ビビアンの食いしん坊レポート

横浜中華街四川料理のオススメ、本場の味!ビビアンの食いしん坊レポート

2022年の6月、やっとコロナが一段落し落ち着いてきました。

どこかに行こうかなあと思い、本場の中華を食べに横浜に行きました。

横浜中華街

横浜の中華街ははじめてではないですが、

ひとりでゆっくり歩き回るのははじめてです。

2-3年間長野の山で暮らした私にとって、ドキドキでした(≧▽≦)

 

本場の四川料理とは?

ビビアン
ビビアン
私は重慶で生まれてからカナダのバンクーバーに行きました。なので、Native tonguesは2つあります。

重慶生まれなので、本場の味というと👇の感じです。

 

唐辛子と花椒たっぷりで、赤い山の中でお肉や野菜を探すイメージです。

「辛い!!!」

写真を見ているだけでも辛いのがわかりますよね。

 

でも、シェフに頼めば「ちょっとだけ辛いから~激辛」まで調節してもらえるので、

胃に優しい辛さに変えることが可能です^^

ビビアン
ビビアン
見た目はあまり変わりませんが…

 

実はわたしは胃が弱くて小さい頃から週一回しか辛いのが食べられなかったです…

それで、バンクーバーに行ってから胃に優しい日本料理が好きになりました。

 

でも、せっかく中華街に来たので、本場の四川料理を食べたい!

小さい頃の味を、食べてみたいと思ったのです。

 

 

中華街には四川料理から広州料理まで、様々なレストランがあります。

看板だけ見れば、本物っぽい店も多いですが…

四川生まれの人が「おいしい」と感じる店はどれなのか、悩みました。

 

やっぱり麻婆か!

中華街について初日、まずは四川料理の店をみてみました。

一番有名な「重慶飯店」にするかなあと思っていたが、看板を見たら…和風の四川料理のイメージが湧いてきて…

 

後は麻婆豆腐がついている店をいくつか特定しました。

 

そして次の日、占いをしてもらってそこで働ている中華系のスタッフにおススメの店を教えてもらいました。

 

彼女によると、中華街で中国人も好んでいる四川料理の店は「四川麻婆 新館」です。

Tabelogでは、★★★3.22だけのはなぜだ?
ルシファー君
ルシファー君

中華街の店はほとんど日本の味に調整したそうです。

 

やっぱり麻婆か!

宝を見つけたような気分ですぐ向かいました。

四川麻婆 新館はそれほど大きな店ではありません。

でも、料理から飲み物までいろいろ選ぶことができます。

 

しかも800円以下で定食が食べられるのです!

 

ランチメニューを見ると、

  • 回鍋肉
  • 麻婆豆腐
  • 青椒肉糸など、日本では有名な四川料理がほとんどですが、

四川の中で有名な料理もあります。

 

そして、重慶生まれの人が知っている料理も!

麻辣烫(火鍋に似ているドライの鍋料理)
麻辣烫(火鍋に似ているドライの鍋料理) ーTabelog 四川麻婆 新館の写真

私は水煮魚を頼みました👇

ビビアン
ビビアン
実はこの料理、現地(重慶)ではかなり激辛のレベルで、手間のかかる料理です。

見た目は結構辛いですが、本場の四川では「ちょっと辛い」レベルです。

ビビアン
ビビアン
助かりました…

 

花椒の量が適切で、唐辛子の味とうまく融合していました。

後で聞いたのですが、シェフは成都の方だそうです。

 

実は成都の四川料理と重慶の四川料理は若干違います。

重慶は山が多いので、湿気がたまりやすいのです。

昔の人は唐辛子や花椒などを使って、体の湿気を定期的に出していました。

 

これも陰陽五行に基づく漢方+食の知恵ですね。

 

日本では、

関東・東北は醬油の味が濃いというのも同じ理由ですね。

一つの料理でその地域の文化・特徴を絶え間見ることができます。

 

今では戦争がおき、国と国の間では嫌な感情もますます強くなっている時代ですが、人間が生活するというレベルで見ればみな同じです。

 

誰でもおいしいものを食べて愛する家族と一緒に平和に暮らしたいと思うのです。

どんなことがあっても心の中の愛を大切にしていきたいですね。

 

ということで、

本場の四川料理を食べてみたければ、是非行ってみてくださいね^^

 

世界の平和を祈ります。