ビッグデータによる医療の5つ進化ーいつでもどこでも健康管理!

ビッグデータによる医療の5つ進化ーいつでもどこでも健康管理!

医療サービスは自宅で受けられます!

未来では、一番大きな医療仕組みは病院ではなく、

デバイスを繋がったネットワークになるかもしれません。

 

もし、これが実現したら、生活はもっと便利なものになると思いませんか?

この記事では、ビッグデータによる医療の進歩を解説していきます。

Advertisement

風邪は診てもらえない

2021年の12月、気温がマイナスになる日が続き、風邪をひきました。

普段ならあまり気にしない風邪だが、

ちょうどコロナ感染者が増えた時期なので、万が一のことだと思い、病院に電話しました。

「ただの風邪だと思いますが、見てもらえますか?」

そして、病院のスタッフはその場で電話によるコンサルティングを行いました。

 

感染者が多い地域に行ったことはありますか?

どんな症状はありますか?

healthcare-getting-sick

10分間ぐらい電話で質問してくれました。

最後は私はただの風邪だと判断して病院の現状を教えてくれました。

 

「感染者が増えて優先順位がかわりました。

リスクがない人はこうして電話で判断します。」

 

感染者ではないことで安心したものの、

こうした医療の現状を聞いてはじめて「緊急事態」の意味が分かりました。

 

もし体調管理のような医療デバイスがあれば、すぐに病状と必要な薬(対処策)がわかったかもしれません。

コロナの時期に、そういったデバイスは大活躍するはずです。

 

ビッグデータと医療

ビッグデータ、Big Data。

これは莫大な情報量を統計して分析を行う技術のことです。

高齢者社会とロボットの進出が進むこれからの社会では、欠かせない技術です。

特に、医療ではビッグデータは大活躍します。

 

今後は病院に行って検査するより、デバイスを使えば、家でも簡単に検査できるようになります。

これがあるので、病気になる前に良くすることが可能になります。

 

そうすると、医療コストを削減できるし、より健康的な生活を意識して毎日過ごすことができます。

ここでは、ビッグデータが我々の生活に革命をもたらす5つの分野を紹介します。

健康管理

ビッグデータとモノのインターネット(IoTデバイス)は、デバイスを使用するユーザーのデータを管理します。 睡眠の時間、心拍数、運動、歩いた距離などを検出することができる基本的なデバイスとは違い、もっと難しい検査ができます。 

血圧、脈拍の酸化濃度、ブドウ糖のモニター、普段病院で受けるような検査を行います。

常にデータを取るので、体に異変が起きた瞬間に感知することができます。

それによってどこでどんな検査を受けてくれるかを教えてくれます。

インターネットを使って情報をシェアするので、パンデミックの兆しなどをいち早く、みんなに知らせることができます。

bigdata-technology

医療コストの削減

ビッグデータは、病院に行かなくてもある程度の検査ができます。これらのデータは予測分析(Predictive Analysis)と言います。

このデータを活用すれば、診察費用は抑えられます。

また、医療機関にとって、も人員コストや設備のコストが節約できます。

 

アクチュアリー協会(数理業務の専門職)の最近の報告によると、47%の医療機関はすでに予測分析を使用しています。 また、医療機関の57%以上が、予測分析によって今後五年間にわたって、組織全体的に年間25%以上のコストを節約できると言われています。参考記事(英語)

 

リスクの高い患者を支援

すべての病院の記録がデジタル化されれば、患者の歴史を把握できて、病気のパターンを研究するときに役立ちます。特に慢性病の場合は早めに識別ができるため、リスクが高い患者に対して専門家がオープンに診療を行うこともできます。

リスクの高い患者の命を、オープンなデータの元に、もっと早く救われるかもしれません。

 

人為的なミスを防止

医療ミスなど、手術や処方箋の場合は多くあります。

このようなミスは、一般にビッグデータを活用すれば分析できます。そのためにミスを減らして、患者自身も情報を把握できるようになります。

bigdata-healthcare-doctor

個人的なサービス

医療界で活躍している大手会社IBMは、Watsonという人工知能を活用して数秒間で莫大なデータを分析します。数秒間でさまざまな病気の解決策を見つけることを可能にしています。

このようなテクノロジーの進歩はすでに進んでおり、ビッグデータによって収集された研究の量とともに成長し続けます。 それはだけでなく、正確な解決を提供しながら独特な問題にカスタマイズされた解決案を提供します。

データが多ければ多いほど、地理的位置やタイミングに特化した解決策が分できできます。 

Advertisement

まとめ

2020年のパンデミックの前にもし、ビッグデータを使ったデバイスがあればもっと早く防止対策が立てたかもしれません。

医療テクノロジーの進化は、オープンイノベーションのように、情報の自由を可能にしてくれます。

解決策は情報の自由によって進んでいきますし、専門家の意見は集結し分析してれます。

  • 流行を予測する
  • 病気を治す
  • 生活の質を向上させる
  • 予防可能なケアを増やす
  • 早期予防ケアを始める
  • 異変があれば、すぐに情報を共有する

*この動画ではビッグデータの可能性がまとめています。

ぜひ、毎日の健康管理をしながらテクノロジーによる進化を楽しみにしてください。

~MBAビジネス英語~

CTA-IMAGE ~英語でビジネスの仕組みをマスターしよう~ ●仕事に行く前に、欲しい情報を英語でチェックし、世のトレンドを読み取る様子。 ●まだ日本には広まっていないニッチな情報を誰よりも早くゲットし、ビジネスの発展に貢献するところ。 ●自信を持って会社・自分のビジネスを紹介し、相手に尊敬してもらう眼差。 -------------------- 中・上級のための英語講座!