拡張現実メガネApple Glassー次世代のおもちゃ

拡張現実メガネApple Glassー次世代のおもちゃ

AR、VR、MRなどの普及はインターネットの次になると言われています。まず、インターネットの普及で知識と国の間の距離が縮まりました。情報が容易に手に入り、個人でも簡単に発信できるようになっています。

それでは、拡張現実や仮想現実はどのように世界を変えていくのか、普及が始まったばかりの今では、まだ想像しがたいがAppleやGoogleといった会社の努力により、速いスピードで浸透していくでしょう。

今回は拡張現実メガネApple Glass、最新技術が凝縮したこの新しいおもちゃについて解説していきます。

Advertisement

拡張現実とは

拡張現実(AR)は、スマートフォンのカメラを使用して、現実にデジタル要素を追加することがよくあります。 拡張現実体験の例には、SNOWレンズやゲームPokemonGoが含まれます。ARについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考ください拡張現実(AR)とは?AR活用の近年の動き【AR初心者向け】

拡張現実メガネ、Apple Glassとは?

これからの10年は、多くの革新的なテクノロジーによって姿は変えられるでしょう。その一つが、2021年に発売される予定のApple Glassです。

まだ正式名称が出ていないとはいえ、Appleは米国特許商標庁に継続特許を出願しています。これは2017年に提出されたものに続くものだったので、数年前からApple Glassのうわさは広まってきました。

Apple Glassを使えばジェスチャーコントロールを通じて、ヘッドセット内のデジタル環境と対話できます。現実の視野の上にデジタル要素を重ね合わせて、メガネレンズに映し出されるのは、Iphoneのスクリーン画像だと言われています。つまり、iPhoneをコントロールする機能だと思われているようです。

ARヘッドセットは、近くのデバイスから大容量のファイルを素早く転送できるWiFiの新規格を使って、リモートプロセッサやiPhoneと通信すると予想されています。これにより、プロセッサがデバイスに搭載されないため、よりスリムなヘッドセットを実現するでしょう。

思っているより低コスト?

英語圏ではApple Glassのことを公開してきた人がいて、名前はJon Prosserです。彼によると、機種の発売価額は499ドルがスタートになりそうです。この値段は、数千ドルもするHoloLensとMagic Leapなどより安くて、一般消費者向けで広がる可能性があります。

拡張現実の市場が急速に広がる

どんな消費もそうですが、値段の適切さと生産量(マスプロダクション)で圧倒いう間に市場に広まっていきます。コロナを経てハイテク産業の強さは急速に認識されているようにつれ、普及率は更になるでしょう。

しかし、Apple Glassと対抗しているのはほかにもあります。

大手技術会社や中小ベンチャーも積極的に参入しています。これからはもっとも有名なスマートグラス、つまりARやVR技術を使ったメガネを紹介していきます。

Apple Glassのライバル

メガネで画像操作の技術は今まで積極的に開発されてきています。Appleのような大手企業だけではなく、様々なベンチャー企業もこの新市場に足を踏み入れようとしています。ここでは、Appleの強力なライバルとなりそうな製品を3つご紹介します。

1、Facebook Ray Ban smartglasses

これは、Appleのもっとも強力なライバルの人るで、Facebookのスマートグラスです。すでに開発されており、Facebookの初のARメガネとして、高級メガネメーカーのLuxotticaとコラボしました。それによって作られたRay-Banブランドのスマートグラスです。

2、Amazon Echo Frames

AmazonのAlexa技術で、Amazon Echo Framesはフレームは、マイクを使用し、応答を聞いたり、Alexaのメガネスぺーカーです。

昨日はほとんどEchoと変わりなく、通知を読み上げたり、音楽を再生したり、電話を取ったり、スマートホームデバイスをコントロールしたりします。または、視力によってレンズを眼鏡のクリニックで取得できるから、様々なニーズに応えられます。

ただし、今は招待での購入になるので、一般消費者向けではありません。

これから広がっていくことは期待できます。

3. Epson Moverio BT-300

Epson Moverio BT-300はいつでもどこでも大画像で視聴できる、ドローンから目を離さず映像を確認、または観光地や劇場のARガイドを実現している」がスローガンです。体験できる実店舗があるし、Amazonでは7万以下から、すでに販売されています。

Apple Glassはいつから発売する?

Appleの新製品は、販売される数ヶ月前に発表される傾向があります。iPhone、Apple Watch、HomePod、iPadはすべてこの方法で発表されてきました。噂では2021年に発表されるが、実際に発売する日はわかりません。しかし、多くの会社がAR市場を参入しているのを見ると、ここ数年の可能性は極めて高いです。

もし、Appleの発表で急速にこのテクノロジーが広まったら、我々の世界はどのように変わっていくでしょう。その答えは数年後にしかわからないですね。

Advertisement

まとめ

電話機、携帯、Iphone、そしてApple glass. テクノロジーの進化はより生活を便利にしてくれます。もっと運びやすい、もっと使いやすい、もっと身近にあるもの、Apple Glassなど、AR技術は更にデータを視覚化し、不可能を可能にしていきます。

そう、不可能を可能にしていく。

いつか不可能という言葉は辞書から消えていくでしょうか、その日が来るのはそう遠くはないと信じています。

~MBAビジネス英語~

CTA-IMAGE ~英語でビジネスの仕組みをマスターしよう~ ●仕事に行く前に、欲しい情報を英語でチェックし、世のトレンドを読み取る様子。 ●まだ日本には広まっていないニッチな情報を誰よりも早くゲットし、ビジネスの発展に貢献するところ。 ●自信を持って会社・自分のビジネスを紹介し、相手に尊敬してもらう眼差。 -------------------- 中・上級のための英語講座!