AI医療がもたらす30年後の世界ー今から何を準備すればいい?

AI医療がもたらす30年後の世界ー今から何を準備すればいい?

AI医療分野において、記録を管理するためのAIソフトウェアから、手術を支援するロボットまで、多くの進歩をもたらしました。驚異的な発展にもかかわらず、市場はまだ初期段階にあります。

AI技術はいいか悪いかという議論は多いですが、少子高齢化が進む社会にとってはAI医療はもっともありがたい進化です。

この記事では、AI医療の進歩を紹介しつつ、30年後の世界にどんな影響をもたらすかを分析していきます。今から何が準備できるかのヒントは見つかります。

Advertisement

30年後(2050)の世界

Future-AI-Medical-Industry

日本の国勢調査によると、2050年までには、高齢者が36%までに上ると予測されています。アメリカとヨーロッパの25%より遥かに高い数字です。

さらに、少子が進むので、働ける人が減っていきます。つまり、現状の社会システムのままでは、30年後の少子高齢社会を維持することはできません。

高齢者にはヘルスケアと医療設備の進化が必要で、これらはもはや、老後の病気を治療したり、生活水準を維持するには欠かせない要素です。

AI医療技術によるヘルスケアの支援

現在、患者情報はすでにデジタル形式であり、ワイヤレス患者監視デバイスとウェアラブルで急速な成長が見られます。バーチャルアシスタントはすでにオンラインで医療情報に接続しています。 AI機能を搭載した、Siri、Cortana、Googleアシスタント、Alexaなどの仮想AIアシスタントは、単にタクシーを予約するよりもはるかに便利になっていきます。

AIの力を借りて、AmazonのEchoとGoogleのHomeは、近い未来に、医師とのリモートビデオチャットの実施やビジュアルスキャンの実行が可能になるでしょう。 AIを使用すると、ウェアラブルからデータを収集し、ファイルを共有することで診断に役立てることもあります。

これを活用すれば、老人施設も家も設備が整えた環境になります。

AIの未来は実現される

近年、GoogleやIBMといったような、巨大な資産を持つテクノロジー会社が医療改革のために、多額の投資をし、設備を開発しています。

例えば、GoogleのDeepMindHealthプロジェクトは、膨大な量の医療情報を数分で処理することができ、臨床医療の手順を加速しています。 IBMのWatsonシステムは、通院中に収集された患者データを通じて心不全の早期診断に役立ちます。すでにこのシステムは、多くの病院に導入され、効果を発揮しています。

future-ai-medical-industry-cooperation

AI技術がもたらす医療改革

AI技術の発達で、医療専門家が仕事の手順や、仕事のトレーニングを大きく変えていかなければいけません。医者だけではなく、機械とともに患者さんを良くしていくというコンセプトは強くなっていきます。

また、医療改革は医療業界向けのAI製品の作成、および情報技術(IT)の専門家に多くのキャリアオプションを提供するでしょう。

医療専門家のキャリアへの影響は非常に重要です。診断、イメージング、治療法の決定および手術、ほとんどの手順にテクノロジーが出現します。

そのために、今からなくなる仕事もあれば、それによってこれから生み出す仕事もあるでしょう。

病院だけではなく、老人施設やスマートホームなどといった分野にもAI医療の姿を見かけることになります。

まとめ

AI医療は莫大なデータと最先端テクノロジーによって確率を上げていきます。人間にはこなせるスキルは限られていますが、AIにはそれはありません。

そのために、少子高齢社会を考えれば、AI医療技術はより多くの高齢者に質のいいサービスを提供するのに、欠かせない技術となるはずです。

Advertisement
今から何ができるかというと、二つの面で見れば準備ができるはずです。

  • 今後のキャリア
  • 高齢者層

この記事に触れたように、今後のキャリアはAI医療技術が大きくなっていきます。つまり、医療技術者や医療開発者が安定したキャリアを築くことができます。

また、高齢者層に対して、今から少しずつ最先端な技術に触れていく必要があります。テクノロジーリテラシーがないと、水や空気のようになっていく医療テクノロジーを十分に使うことができません。

機械に抵抗するのではなく、どのようにすればそれが役に立てるのかを見ていくべきです。

これが今後に向けて今から準備していくことです。

~MBAビジネス英語~

CTA-IMAGE ~英語でビジネスの仕組みをマスターしよう~ ●仕事に行く前に、欲しい情報を英語でチェックし、世のトレンドを読み取る様子。 ●まだ日本には広まっていないニッチな情報を誰よりも早くゲットし、ビジネスの発展に貢献するところ。 ●自信を持って会社・自分のビジネスを紹介し、相手に尊敬してもらう眼差。 -------------------- 中・上級のための英語講座!